カンボジアの首都プノンペンで10年以上活動をしている教育機関、カンボジア・愛センターは、カンボジア人の力でカンボジアの教育をよくするという思いから活動をしています。支援者やボランティアの方々の力を借りながら、一歩一歩、歩みはゆっくりかもしれませんが、子ども達の将来の可能性を広げるために日々奮闘しています。

※新型コロナの影響で、現在、センターは休校(オンライン授業)をおこなっています。センターがある地区はレッドゾーンという、外出や移動を制限される地区(地区外には出られません)に指定されています。買い物もかなり不便になっていて、サポーターのかたからいただいたご支援で、子ども達への食糧支援を始めました。外出が制限される中で、オンラインで授業を受けたり、宿題のやり取りで先生と話したりする時間は、子ども達にとって、鬱々とした毎日のリフレッシュの時間にもなっています。

こちらに愛センターの紹介ビデオがありますので、どうぞご覧ください。

※愛センターへの問い合わせ・寄付の受付

子供達へのご寄付、問い合わせなどは右からお願いします。

オンライン決済ができるようになりました。

子供達の教科書代やスタッフの給料など、センターの運営費に使わせていただきます。

※センターの活動ブログ

センターの活動については、右の活動ブログでも紹介していますので、ぜひご覧ください。

(こちらは定期的に更新していますので、センターの最新の状況をお伝えすることができます。)

※愛センターサッカーチームの活躍

愛センタのサッカーチームは、2019年のトヨタジュニアカンボジアカップ(12歳以下)で優勝しました。

その結果、愛センターのサッカーチームを取り上げて、CMを作ってもらいました。

すごくかっこよく撮ってもらっているので、ぜひご覧ください!