カンボジア・愛センターは2005年9月に設立されたフリースクールです。プノンペンの郊外、ストゥンミエンチェイ地区にあり、現在150人の子供達が、クメール語・算数・英語・日本語・パソコン・音楽・美術・道徳などを勉強しています。設立当初は、公立の学校に通えない子供達への教育の機会の提供を目的にしていましたが、現在では、公立の学校に通いながら、愛センターでも勉強している子供達がほとんどです。下は小学生から上は大学生までたくさんの生徒が毎日元気に通ってきており、スタッフ達も、子供達が楽しく勉強でき、心豊かな子供達に育てられるように、日々試行錯誤しながら頑張っています。日本人を始めとした、外国人のボランティアも多いのも特徴で、子供達にはとてもいい学びの場になっています。

基礎教育

愛センターの設立の目的は、生活に最低限必要な知識を身につけることで、子供達の将来の可能性を広げることです。そのために、クメール語(カンボジア語)・算数を中心に、英語や日本語、道徳、パソコンなどを勉強しています。昔の日本の読み書き、そろばんではないですが、自分の国の言葉と計算ができることで、就職にもつながり、他の勉強で、仕事の幅も広がります。

情操教育

愛センターでは、子供達の心を豊かにするために、情操教育にも力を入れています。美術や音楽、体育など、ボランティアの力を借りながらですが、モノを生み出す楽しさ、互いに協力しながら、1つのモノを作ったり、成し遂げたりする喜びを感じてもらうことで、子供達の成長にもいい影響を与えることができています。

出張授業

週に1回、旧ゴミ集積場の近くの集落で、出張授業を行っています。センターの子供達の多くは公立の学校に通っていますが、集落の子供達の中には、公立の学校に通っていない子供も多く、少しでも教育の機会を提供できればと、センターの生徒達が先生となり、クメール語や算数、英語などを教えています。